オーストラリア留学レポート1(中国から日本そしてオーストラリアへ)

こんにちは。経営学部で英語と留学を担当していますマーティン・スナイダーです。

星城大学の単位認定留学プログラムの内、
新しく始まるオーストラリアの語学研修+有給インターンシップで
(2014年6月~2015年2月)の1年間留学した学生の
レポート(留学体験談)を元に報告します。
このプログラムで留学すれば、留学に掛かる費用を、
インターンシップの給与でほとんど賄うことができます。
報告を楽しみにしてください。

今回は、魏 涛(ギ トウ)さんで中国から星城大学に留学している男子学生です。


オーストラリアに来てからまもなくで3ヶ月になります。
色々な感想を紹介します。

南半球にあるオーストラリアの季節は日本と逆です。
私が来た6月は冬で、ここの冬は雪がないのでちょっと寂しいです。
日本程寒くはないですが、でも寒いです。
また、シドニーは雨があまり降りませんが、海が近いので乾燥していません。


現在私はシドニーの中心部であるCITYにある英語学校に入っています。
この学校で3ヵ月間英語の勉強をします。
授業は毎週月火水木しかないので、
金土日は学校の友達や外で知り合った友達と、遊んだり飲んだりしています。
学校の先生は優しく、授業の内容も豊富です。
一番良いのはクラスに色々な国からの学生がいて、
ブラジル、イタリア、スペイン、アイルランド、ドイツ、コロンビア、
メキシコ、タイ、韓国、日本と、とてもインターナショナルです。
中国人は私一人しかいません。

shashin2.jpg

ここの生活はとても豊ですが、日本とも違います。
ここの人は皆オープンで、道で会った人とでも、
握手とか、抱くとかが、一般の挨拶として使われています。
オーストラリアでは友達作りがとても速く進みます。
しかし、短期で来る人が多くて分かれることも多いです。
週末にはビーチに行くのがメインです。
オーストラリアのビーチはとても綺麗で、BBQをよくしています。
ビーチと公園の中に電気のBBQ機器があり、24時間無料で使え、
食料だけ準備すればオーケーです。
オーストラリア人はBBQが大好きなので、
BBQをする時に色々な友達を作ることができます。
海とビーチとBBQを楽しみながら、色んな外国人と話して、
異文化交流ができ、とても快適だと思います。
英語だけじゃなくて色んな国の人がいるから
いろいろな国の言葉も学ぶこともできます。
私は今英語以外に韓国語を学んでいます。
違う国の人と会って言葉をチェンジできるのが
すごく奇妙な感じでもあります。。。

shashin4.jpg

週末の夜、大勢の人がPUBに行きます。
これもオーストラリア文化の一部分だと思います。
オーストラリアではお酒を買う場合は、
専門のBottle Shopに行かなければなりません。
しかも、10時過ぎたらお酒を売る事が法律で禁止されています。
また、公共の場所(道路なども)では原則飲酒は違法行為となります。


オーストラリアは多文化主義政策をとっていますから、
人々はとてもフレンドリーです。
今、私はshare houseに住んでいます。
それは、すごくいい異文化との接触チャンスだと思っています。
ルームメートはそれぞれ違う国から来たので、
英語は唯一の共通言語になっています。
言葉だけではなく、食事文化の交流が常にあります。
ここで私は本番のイタリアパスタとコーヒー、フランスパンとチーズ、
ベルギーケーキなど楽しんでいます。

shashin7.jpg

最後に、学校のコースについて紹介したいと思います。
学校には初級、中級、中上級、上級、会話、大学対策などのクラスがあります。
英語ができなくても初級から学ぶこともできます。
英語の良い環境があるから、心配せずに勉強できます。
オーストラリアは昔イギリスの植民地でしたから、
学校の建物などイギリス風で、すごく綺麗です。
また、このプログラムでの対応はすごくいいです。
色々考えていただき、すごく助けられ、安心できます。

shashin8.jpg

来年の2月中旬ぐらいに日本に戻ります。
それまで残りの半年を勉強しながらエンジョイしたいと思います。

shashin1.jpg