2019年10月

4年間の集大成である卒業研究

こんにちは、作業療法学専攻の林浩之です。

本学では3年生の後期から卒業研究に向けた取り組みが開始され、4年生の後期に完了させます。

私が指導する学生は、ツインバスケットボール選手が運動をした際の体温について、実際に選手に協力してもらいながら計測しています。まだ、どのような結果になるかは分かりませんが、研究を遂行する際に考えた予測が正しいか、そうでないか科学的に明らかにしていきます。

卒業研究は4年間の集大成であり、困難な作業を伴うこともあります。しかし、選手に対する研究内容説明、身体の検査、運動指導、データ収集、分析など様々な課題を着実にこなす星城大学大学4年生を近くで見ていると、とても誇らしく、作業療法士として活躍する日がとても待ち遠しいです。

20191023 4年間の集大成である卒業研究1.png

20191023 4年間の集大成である卒業研究2.png

20191023 4年間の集大成である卒業研究3.png

星祭 大学祭でOT16期生が活躍!

こんにちは、作業療法学専攻の坂井一也です。

10月12、13日は大学祭である星祭でしたが、台風の影響で13日のみに縮小されました。作業療法学専攻3年生は、夏休みから練習を続けてきたダンスが出来るのか心配しましたが、舞台が設置できないながらも素敵なダンスを披露しました。学生たちの頑張り、目は輝きをみて、私も元気になりました。「作業で人は元気になります!」

台風で被災された方々が、一日も早く日常生活が戻ること祈りながら。

20191016星祭ブログ1.jpg

20191016星祭ブログ2.jpg

20191016星祭ブログ3.jpg

20191016星祭ブログ4.jpg