「愛知県緊急事態宣言」に対する星城大学の対応について


                                                 令和3年5月7日

学生の皆さんへ                                                                                     

学長  赤 岡  功
                            (事務局長・新型コロナウイルス対策室 小井 浩樹)

 

「愛知県緊急事態宣言」に対する星城大学の対応について

 政府は本日夕、新型コロナウイルス感染症対策本部会合を官邸で開き、4都府県に発令している新型コロナウイルス緊急事態宣言の31日までの延長を決めると共に、感染が拡大している愛知についても12日から適用する方針を示しました。また、まん延防止等重点措置について本県に隣接している岐阜、三重についても9日から加える方針で、本学として大型連休明けで感染拡大が止まらない中、公共交通機関利用による学生の感染リスクを鑑み、宣言前ではありますが、来週より対面講義とオンライン講義の併用に変更し、極力リスク軽減に努めることと致しました。
詳細はA.A.Aで配信していますので確認頂きますようにお願い致します。

  【主な内容】
  ○オンライン講義について
  ○自宅Wi-Fi環境調査
  ○学内入構門の一部閉鎖について
  ○学内オンライン受講用開放教室について
  ○図書館の閉鎖に伴う、書籍の貸出について
  ○部活動の原則活動休止について
  ○学生食堂、学内コンビニエンスストアの閉鎖及び朝バスの運行休止について
  ○その他

繰り返しとなりますが、以下のとおり行動の自粛も引き続き継続下さい。
  1.繁華街等、不特定多数が集まる店や施設の利用について自粛下さい。
  2.マスク着用を遵守し、密の回避、手洗い、消毒の励行をお願いします。
  3.20時以降、飲食を伴う店舗でのアルバイトは絶対にしないで下さい。

上記は愛知県内の繁華街、飲食店で若者を中心としたクラスターが発生していることを受けて
学生の皆さん一人ひとりに改めて「感染しない」「感染させない」ための行動の徹底をお願いするものです。