経営学部

経営学部

北野 達也

北野 達也 KITANO Tatsuya

職位 医療マネジメントコース主任/分野長 教授
最終学歴 九州大学大学院 医学系学府 医療経営・管理学専攻 修士課程修了
九州大学大学院 医学系学府 環境社会医学専攻 医療システム学教室 医学博士課程 単位修得退学
職歴 航空業界(パイロット)から転職し、数々の医療機関において救急救命、集中治療、呼吸療法、循環器領域、消化器領域、代謝・内分泌領域、特殊治療等の臨床業務、医学教育、人材再教育に携わりながら、国内初の「医療安全管理部」設置、Patients Safety Managerとして医療の質・安全管理、医療経営・管理等に従事、厚生労働省令改正 公益財団法人日本医療機能評価機構 医療事故防止センター初代医療事故防止事業課長などを経て、2006年より現職。
九州保健福祉大学保健科学部「患者安全管理学」非常勤講師,日本ヒューマンファクター研究所・研究主幹(医療安全担当)、医療経営学研究所・客員研究員,自治体病院オブザーバー、ほか
学位 博士(医療科学)東亜大学、医療経営・管理学修士, Master of Public Health九州大学
資格(免許)、認定 Certificated Risk Manager, Medical Risk Manager, 医療クオリティ・マネジャー(公益財団法人日本医療機能評価機構)、認定医療安全管理者、航空無線通信士、照明士、照明コンサルタント、ほか
担当科目(学部) 患者安全管理学/医学教育学/地域医療学/医療管理学/病院管理論/医療コミュニケーション学/医療経営システム論/医療オペレーション・マネジメント論/メディカル・リスクマネジメント論/ゼミナールⅠ/ゼミナールⅡ/ゼミナールⅢ/ゼミナールⅣほか
担当科目(大学院) 医療安全管理学特論/ 医療マネジメント学特論/健康支援学特論/健康支援学研究法
学生へのメッセージ

ある病院長より「医療界における坂本龍馬」と言われ、はや36年になります。小生に与えられた使命である将来の日本を支える人材育成、医療改革のできる医療人育成を目指します。
地域社会に貢献できる地域貢献ファシリテーター(促進者)に成れるよう、社会的意義の見出せる卒業論文(学位論文)を執筆できるよう、4年間一緒に頑張りましょう!

Actions speak louder than words.

Better late than never.

研究内容
  • ・自治体病院支援のためのERM導入とSRI (社会貢献投資)システムの開発

    ・地域におけるメタボリック・シンドローム対策調査・啓発に関する研究

    ・医療安全管理のためのハイリスク・パス分析モデル開発と検証

    ・医療安全管理体制の実態と安全管理研修のあり方に関する調査

    ・院内安全管理体制構築のための新たな安全管理手法

    ・大学生のメタボリック・シンドローム支援のあり方に関する研究

    ・初年次キャリア形成における支援のあり方の現状と効果測定

    ・地域支え合い体制づくりにおけるコミュニティ・デザイン構築と効果検証

    ・医療の質・安全管理フィードバック支援システムの開発

    ・激甚災害時の共助・互助醸成推進に関する研究

    ・離島救急医療におけるドクターヘリ運航現状と医療用飛行艇配置の可能性に関する研究

    ・新たなNon-Technical Skills強化法とその効果検証に関する研究、ほか。

研究分野キーワード 医学教育 / 医療安全 / 医療の質 /地域医療 / 医療経営・管理/医療政策/社会保障/医療システム/メディカル・リスクマネジメント / 医療オペレーション・マネジメント / 医療コミュニケーション / 健康教育 /公衆衛生 / 地域防災 / 航空医学、ほか。
URL
論文
  • 1) Tatsuya Kitano,(2020)"A new approach for medicaleducational method of non-technical skills,deploying  KIT-Game",International Patient Safety、『Journal of Medical Safety』ISSN1349-5240.June,2020,P46-P55(査読あり)

    2) Tatsuya Kitano,(2019)"A new approach for educational method of communication in healthcare Seeking for a possibility of innovative medical education, deploying KIT-Game",International Patient Safety、『Journal of Medical Safety』ISSN1349-5240.June,2019,P72-P80(査読あり)

    3) Tatsuya Kitano,(2019)"Development the Patients Safety and Quality Management Feedback Support System for the purpose of reduction in task load of Patients Safety Managers.",International Patient Safety、『Journal of Medical Safety』ISSN1349-5240.June,2019,P81-P88(査読あり)

    4) 北野達也,「医療におけるコミュニケーションと医療安全~患者安全管理の手法~」安全医学,Journal of Medical Safety,Vol.4 (2):P17-P21,2007.11.3

↓続きをみる
著書
  • 1)北野達也、(2019)『病院管理学:初版』,株式会社同友館,第5章「リスクマネジメント」, 2019.5.30,P87-P126.

    2)北野達也、(2019)『医療スタッフ、製造販売業者等のための医療機器安全実践必携ガイド医学概論編:第3版』,医療機器情報コミュニケータ(MDIC)認定制度準拠,㈱エムイー振興協会, 「第Ⅶ章:医療安全管理」,監修一般社団法人日本医療機器学会,2019.9.15,P147-P165.

    3)北野達也,堤寛.「ユニバーサル・プレコーション実践マニュアル」医療の安全に関する研究会・安全教育分科会編:MRSAなどの感染症対策について」南江堂;1998.6,pp74-86

↓続きをみる
学会発表
  • 1)北野達也、第15回医療の質・安全学会学術集会口演【ノンテクニカルスキル】OralWEB「医療の質・安全管理におけるNon-Technical Skills強化の新たな手法-Team Resource Innovation-」10:50~11:40,2020.11.23)

    2)北野達也、第58回日本医療・病院管理学会学術総会OralWEB-A-2 「組織運用管理のためのNon-Technical Skills強化の新たな手法~」(2020.10.2-10.4)

    3)北野達也、第18回日本臨床医学リスクマネジメント学会・学術集会:医療安全教育とレジリエンス3-2 OralWEB「医療安全管理体制構築のためのNon-Technical Skills強化の新たな手法-医療安全教育イノベーション-」(2020.9.13)

↓続きをみる
社会的活動(公開講座・講演・国際交流など)

【公開講座】

  • 1)北野達也.「正しい病院・診療所の選び方・かかり方」招聘講師,知多市公開講座,知多市役所生涯学習課主催,2007.2.21:知多市ふれあいプラザ

    2)北野達也.「正しい病院・診療所の選び方・かかり方」高等教育研究会講師,星城大学リハビリテーション公開講座,2007.2.25:星城大学講義室

    3)北野達也.「正しい病院・診療所の選び方・かかり方①~医療機関における現状~」招聘講師, 名古屋市大学連携講座:市民公開講座,名古屋市生涯学習支援センター主催,2008.5.20:名古屋市女性会館

↓続きをみる
その他

【科学研究費補助金及び各種助成金の採択状況】

  • 1)酒井 順哉、北野 達也、他。「医療用具、医療機器における添付文書の適正化」、厚生労働省厚生科学研究班分担研究、1998年~2000年

    2)酒井 順哉、北野 達也、他。「医療用具等の添付文書記載要領に関する研究」厚生労働省厚生科学研究班分担研究、2000年~2002年

    3)酒井 順哉、北野 達也、他。「医療用具クラス分類を考慮した記載要領に関する研究」厚生労働省厚生科学研究班分担研究、2002年~2006年

↓続きをみる

トップへ戻る