リハビリテーション学部

リハビリテーション学部

越智 亮

越智 亮 OCHI Akira

職位 准教授
最終学歴 京都大学大学院医学研究科博士後期課程
職歴 医療法人新松田会愛宕病院リハビリテーション科を経て現職
学位 博士(人間健康科学)
資格(免許)、認定 理学療法士免許
担当科目(学部) 老年期障害理学療法学 / 理学療法学研究法 / 物理療法
担当科目(大学院) 健康支援学研究法 /生活活動学特論 / 生活健康支援学演習Ⅰ
学生へのメッセージ

学生のみなさんが勉強にさらに興味を持ってもらえるように、理学療法学の楽しさや、やりがいを伝えていきたいと思います。

研究内容

特定の運動課題を繰り返し行うと動作が習熟され、パフォーマンスが向上します。運動学習に伴って現れる動作パターンの変化について、運動学的な種々の手法を用いて研究を行っています。現在は高齢者の転倒予防について、主に転倒回避動作である足の踏み出しに着目し、どのようなトレーニングが転倒予防に有効であるか研究をすすめています。

1)高齢者の転倒に関するバイオメカニクス研究

2)高齢者を対象とする転倒予防のための運動療法の開発

3)ヒト直立姿勢と平衡に対する運動制御機構の解明

4)高齢者の筋機能特性と敏捷性との関係に関する研究

研究分野キーワード 高齢者 / 転倒 / トレーニング / バイオメカニクス / 介護予防
URL
著書
  • 1)越智 亮:シンプル理学療法シリーズ,物理療法学テキスト(改訂第3版),第4章 力学的エネルギー,『振動基盤型療法』.細田多穂(監),木村貞治,沖田実,Goh Ah Cheng(編),南江堂,pp316-321, 2021.

    2)越智 亮:高齢者理学療法学,3章 高齢者の評価,『基本動作の評価』.島田裕之・牧迫飛雄馬・山田実(編),医歯薬出版,pp201-209, 2017.

    3)越智 亮:シンプル理学療法学シリーズ,高齢者理学療法学テキスト,1.ライフステージと高齢者像,『高齢者の定義と分類,老年期の発達課題と「老い」の受容』.細田多穂(監),山田和政・小松泰喜・木林勉(編),南江堂,pp6-10, 2017.

    4)越智 亮:理学療法評価学,9.日常生活活動(ADL)の評価.市橋則明(編),文光堂,pp44-50, 2016.

ほか5件

論文
  • 1)塚田晋太朗, 越智 亮, 細井雄一郎, 牧邨実優, 今井一希,江西一成:脳卒中片麻痺患者の歩行解析における二次元動作解析システムを用いた膝関節角度計測の信頼性と妥当性.日本基礎理学療法学雑誌23: 88-96, 2021.

    2)Ochi A, Ohko H, Hayashi T, Osawa T, Sugiyama Y, Nakamura S, Ibuki S, Ichihashi N: Relationship between balance recovery from a forward fall and lower-limb rate of torque development. J Motor Behav 52: 71-78, 2020.

    3)塚田晋太郎,越智 亮,江西一成:矢状面上の歩行解析における二次元動作解析システムを用いた膝関節角度計測の信頼性と妥当性.愛知県理学療法学会誌31: 52-58, 2019.

    4)Ohko H, Kajihara F, Hayashi T, Ochi A, Kumagawa K, Okawa H: Physical activity and daily nutrient intake for prevention of lifestyle-related diseases in individuals with spinal cord injury. Biomed J Sci Tech Res 14: MS.ID.002495, 2019.

    ↓続きをみる

ほか査読付き原著論文23件
査読なし総説,紀要等34件

学会発表
  • 1)越智 亮,他:高速大腿挙上トレーニングが高齢者の股関節屈曲の筋力発揮率と転倒回避ステップに与える効果.第57回日本リハビリテーション医学会学術集会(2020年8月,京都府・オンライン開催)

    2)越智 亮,他:大学1年次の学業成績に影響を与える因子の検討~星城大学リハビリテーション学部における分析~,第32回教育研究大会・教員研修会,全国リハビリテーション学校協会主催(2019年8月,愛知県)

    3)越智 亮,他:転倒経験高齢女性における前方転倒回避ステップ着地後の身体動揺特性.第56回日本リハビリテーション医学会学術集会(2019年6月,兵庫県)

    ↓続きをみる
社会的活動(公開講座・講演・国際交流など)

【所属学会】

  • 1)日本理学療法士協会

    2)愛知県理学療法士会

    3)理学療法科学会

ほか4学会

↓続きをみる
その他

トップへ戻る