リハビリテーション学部

リハビリテーション学部

理学療法学専攻

教育目標

人間に優しく、社会性豊かな資質を備えた理学療法士の育成。
障害学を理解し、チーム医療を実践できる理学療法士の育成。

「生活支援」を目的に、日常生活活動(Activity of Daily Living:ADL)および生活環境に注目して、生活の質(Quality of Life:QOL)の向上に結びつけて考える姿勢を育成。

臨床家に必要な資質一問題解決能力の啓発育成。
科学的思考および実践能力の育成。
教育的資質の育成。

理学療法とは                                                                      

 身体に障害のある人に対して、主として日常動作能力のうち、基本動作能力を治療体操やその他の運動、あるいは電気や温熱、マッサージなどの物理的刺激を加えて回復を図るのが理学療法学です。
 星城大学では、種々の身体機能障害間の関係、身体機能障害と動作能力障害の関係といった「障害の実態」を究めます。

運動療法

 悪くなった関節 動きのの可動域拡大や筋力低下に対する強化、体力の維持・向上のためにさまざまな運動・体操を行います。

 三次元動作解析装置 運動治療学実習室

物理療法  

 電気・温熱・水・光線などのエネルギーを用いて痛みを和らげたり運動しやすくします。

 ph_p_about03.jpg

 

日常生活動作練習

 起き上がる・すわる・立つ・歩くなどの日常生活の基本となる動作の助言・指導・訓練を行います。

 ph_p_about04.jpg

トップへ戻る